DRBD デュアルプライマリモード

提供:TuntunkunMediaWiki

移動: 案内, 検索

目次

デュアルプライマリモードとは

DRBD(Distributed Replicated Block Device)は、ネットワークを通して複数のサーバ間でブロックレベルでのミラーリングを行う、ミラー型のファイルシステム DRBDはカーネルモジュールとして実装された、ソフトウェアであるため、特別なハードウェアを必要としないという利点があり、容易に高い可用性を持った 遠隔のミラー型ディスクを構築する事が可能です。

デュアルプライマリモードの設定

デュアルプライマリモードを利用するための設定を以下に示します。

~省略~
net {
    allow-two-primaries;
}
 
 
startup {
    wfc-timeout 120;
    become-primary-on both;
}
~省略~


デーモンの再起動

[root@drbd1 drbd.d]# /etc/rc.d/init.d/drbd restart


デュアルプライマリモードが有効に成っているかを確認します。

[root@drbd1 drbd.d]# drbd-overview 
0:r0/0  Connected Primary/Primary UpToDate/UpToDate C r-----

GFS2のインストール

GFSとは

インストール

CMANのインストール

CMANは汎用カーネル·ベースのクラスター·マネージャーです。

yum -y install cman

CMANの設定(/etc/cluster/cluster.conf)

<?xml version="1.0"?>
<cluster name="drbd" config_version="3">
  <clusternodes>
    <clusternode name="drbd1" votes="1" nodeid="1" />
    <clusternode name="drbd2" votes="2" nodeid="2" />
  </clusternodes>
 
  <fencedevices>
  </fencedevices>
 
  <rm>
    <failoverdomains/>
    <resources/>
  </rm>
</cluster>

CMAN起動

[root@drbd2 Desktop]# /etc/rc.d/init.d/cman start
Starting cluster: 
   Checking if cluster has been disabled at boot...        [  OK  ]
   Checking Network Manager...                             [  OK  ]
   Global setup...                                         [  OK  ]
   Loading kernel modules...                               [  OK  ]
   Mounting configfs...                                    [  OK  ]
   Starting cman...                                        [  OK  ]
   Waiting for quorum...                                   [  OK  ]
   Starting fenced...                                      [  OK  ]
   Starting dlm_controld...                                [  OK  ]
   Tuning DLM kernel config...                             [  OK  ]
   Starting gfs_controld...                                [  OK  ]
   Unfencing self...                                       [  OK  ]
   Joining fence domain...                                 [  OK  ]

クラスタ内のノードの状態確認

[root@drbd2 cluster]# cman_tool nodes
Node  Sts   Inc   Joined               Name
   1   M     12   2014-06-12 09:39:55  drbd1
   2   M      8   2014-06-12 09:38:18  drbd2

ファイルシステムの作成

「-t gfs2」は、ファイルシステムの指定。 「-p lock_dlm」はロックマネージャの指定。 「-t drbd:volume」はロックテーブルの名前を指定する。drbdは/etc/cluster/cluster.confに記述したクラスタシステム名。volumeはクラスタシステム内で一意の名前であればよい。

[root@drbd2 cluster]# mkfs.gfs2 -p lock_dlm -j 2 -t drbd:volume /dev/drbd0
This will destroy any data on /dev/drbd0.
It appears to contain: Linux rev 1.0 ext4 filesystem data (extents) (large files) (huge files)
 
Are you sure you want to proceed? [y/n] y
 
Device:                    /dev/drbd0
Blocksize:                 4096
Device Size                10.00 GB (2620506 blocks)
Filesystem Size:           10.00 GB (2620503 blocks)
Journals:                  1
Resource Groups:           40
Locking Protocol:          "lock_dlm"
Lock Table:                "drbd:volume"
UUID:                      f787d27c-f3aa-459a-2736-ab4141e51ff9

マウント

通常のファイルシステムのようにマウントを行う事が出来る。

mount -t gfs2 /dev/drbd0 /mnt

マウント時の注意点

以下のようなエラーメッセージが出ている場合には、「fs is for a different cluster」gfs2ファイルシステムを作成時(mkfs.gfs2実行時)のクラスタ名前指定とcluster.confのクラスタ名前が異なっている。再度合わせて、ファイルシステムを作り直す事で回避する事が出来る。

# mount -t gfs2 /dev/drbd0 /mnt
fs is for a different cluster
error mounting lockproto lock_dlm

OCFS2のインストール

OCFSとは

OCFS は Oracle Cluster File Systemの略である。オラクルコーポレーションによって開発された共有ディスクファイルシステムであり GNU General Public License のもとでリリースされている。

インストール

レポジトリの取得

cd /etc/yum.repos.d
wget --no-check-certificate https://public-yum.oracle.com/public-yum-ol6.repo -O ol6.repo

Ora­cle GPG keyをインポートする。

rpm --import http://public-yum.oracle.com/RPM-GPG-KEY-oracle-ol6

参考文献

OCFS2

個人用ツール
名前空間
変種
操作
案内
ツールボックス