Fusepyのマウント

提供:TuntunkunMediaWiki

移動: 案内, 検索

目次

fusepyのマウント

今回はfusepyで作成されたファイルシステムのマウントを行う方法を示します。

#!/usr/bin/env python
# -*- coding: utf-8 -*-
import sys
print sys.argv

mountコマンドを実行すると以下のように、標準入力に以下のようなオプションが入ってきます。

naoya@naoya-VirtualBox:~/Desktop$ sudo mount -t fuse ./main.py /mnt
['/home/naoya/Desktop/test.py', '/mnt', '-o', 'rw,dev,suid']

fusepyを起動時にマウントする

マウントを行うためには以下のパッケージがインストールされている必要があります。

sudo apt-get install dkms dkms-fuse

Linux: /etc/fstabによるマウント

起動時にマウントを行うには、/etc/fstabに以下のように書き込む事で出来る。マウントを行う事が出来るように実装が行われていれば/etc/fstabでマウントを行う事が出来るようになる。

# プログラムの位置                        マウント位置    ファイルシステムタイプ
/mnt/naoya/Alpha/gmount.py                /mnt/root       fuse    defaults          0       0

以下に/etc/fstabの内容を示す。

# /etc/fstab: static file system information.
#
# Use 'blkid' to print the universally unique identifier for a
# device; this may be used with UUID= as a more robust way to name devices
# that works even if disks are added and removed. See fstab(5).
#
# <file system> <mount point>   <type>  <options>       <dump>  <pass>
# / was on /dev/sda1 during installation
UUID=8ccc5328-e188-4a25-a200-ed04d85d7d6e /               ext4    errors=remount-ro 0       1
# swap was on /dev/sda5 during installation
UUID=a4b3f16b-f854-4334-a2c7-cc5e8233815b none            swap    sw                0       0

/mnt/naoya/Alpha/gmount.py                /mnt/root       fuse    defaults          0       0

/etc/fstabで毎回マウント出来ているかの確認を行う事は大変なので、以下コマンドを実行し確認を行う。

sudo mount -a

参考文献

個人用ツール
名前空間
変種
操作
案内
ツールボックス