Open vswitchのインストールと設定

提供:TuntunkunMediaWiki

移動: 案内, 検索

目次

open vswitchとは

open vswitchは、openflow switchのソフトウェア実装です。

インストール

最新のディストーションであれば、パッケージマネージャを使用してopen vswitchをインストールする事が可能です。動作確認環境(Fedora19)

yum -y install openvswitch

Ubuntsu13.04の場合

sudo apt-get install openvswitch-switch

linux互換のブリッジモードが必要な場合、BRCOMPATをインストール

sudo apt-get install openvswitch-brcompat
vim /etc/default/openvswitch-switch
#BRCOMPAT=no #yesに変更

起動と停止

起動と停止は以下のようになります。

# 起動
systemctl start openvswitch.service
# 停止
systemctl stop openvswitch.service

使い方

ovs-vsctl add-br br0
[root@localhost sysconfig]# ovs-vsctl show
388fa559-a7f2-49a8-976f-9da3497776fe
    Bridge "br0"
        Port "br0"
            Interface "br0"
                type: internal
    ovs_version: "1.10.0"
[root@localhost sysconfig]# ifconfig br0
br0: flags=67<UP,BROADCAST,RUNNING>  mtu 1500
        inet6 fe80::2011:78ff:fee2:f2a4  prefixlen 64  scopeid 0x20<link>
        ether f2:4f:60:0f:bb:45  txqueuelen 0  (Ethernet)
        RX packets 0  bytes 0 (0.0 B)
        RX errors 0  dropped 0  overruns 0  frame 0
        TX packets 6  bytes 468 (468.0 B)
        TX errors 0  dropped 0 overruns 0  carrier 0  collisions 0
[root@localhost sysconfig]# ovs-vsctl add-port br0 ens34
[root@localhost sysconfig]# ovs-vsctl add-port br0 ens35
[root@localhost sysconfig]# ovs-vsctl set-controller br0 tcp:127.0.0.1:6633

OpenvSwitchはデフォルトではOpenFlow1.0にのみ対応しています。そのためOpenFlow1.1以降の機能を使おうとしてもプロトコルが対応していないため使用出来ませんという表示が行われます。以下のコマンドでOpenFlow1.2, 1.3に対応させる事で解決する事が出来ます。

[root@localhost sysconfig]# ovs-vsctl set bridge br0 protocols=OpenFlow10,OpenFlow12,OpenFlow13
個人用ツール
名前空間
変種
操作
案内
ツールボックス