Open vswitchを利用したデータパスへの接続

提供:TuntunkunMediaWiki

移動: 案内, 検索

Open vswitchを利用したデータパスへの接続

Open vSwitchでは、bridge-utilsで作成されるブリッジ互換のインターフェイスbrcompatが提供されていました。しかしVer 1.10以降、brcompatがなくなりました。http://openvswitch.org/ のリリース情報でアナウンスが行われています。http://openvswitch.org/releases/NEWS-1.10.0

 Bridge compatibility support has been removed. Any uses that rely on ovs-brcompatd will have to stick
with Open vSwitch 1.9.x or adapt to native Open vSwitch support (e.g. use ovs-vsctl instead of brctl).

Open vswitch1.10以降でのデータパスへの接続方法

ovs-vsctl add-port br0 tap0 -- set interface tap0 type=internal

VLANを利用する場合

ovs-vsctl add-port br0 tap0 tag=10 -- set interface tap0 type=internal

参考文献

http://blog.scottlowe.org/2012/10/04/some-insight-into-open-vswitch-configuration/

個人用ツール
名前空間
変種
操作
案内
ツールボックス