Ryuによるデータパスの操作

提供:TuntunkunMediaWiki

移動: 案内, 検索

データパスとは

ここでは、Ryuを利用したデータパスの操作について示す。以下は、Featuresリクエストのイベントハンドラで、データパスからの接続があった場合にswitch_features_handlerが呼び出されることを示している。データパスへの操作を行うためには、データパスのIDを取得し、取得したIDからデータパスへの操作を行うことで実現することができる。

from ryu.base import app_manager
from ryu.controller.handler import CONFIG_DISPATCHER
from ryu.controller.handler import set_ev_cls
from ryu.controller import ofp_event
 
from ryu.ofproto import ofproto_v1_3
 
class SwitchingHub(app_manager.RyuApp):
	# Open flow version configuration
	OFP_VERSIONS = [ofproto_v1_3.OFP_VERSION]
 
	# コンストラクタ
	def __init__(self, *args, **kwargs):
		super(SwitchingHub, self).__init__(*args, **kwargs)
 
	@set_ev_cls(ofp_event.EventOFPSwitchFeatures, CONFIG_DISPATCHER)
	def switch_features_handler(self, ev):
		datapath = ev.msg.datapath
		print "datapath id = %d" %(datapath.id)

データパスに接続されたポートの情報を取得する

イベント(EventOFPSwitchFeatures)を取得した時点ではまだ、データパスのポートに対する設定を行ったり、データを取得すると言った事は出来ない。ポートの情報を取得するためには(EventOFPPortDescStatsReply)以降で取得する必要がある。

# -*- coding: utf-8 -*-
from ryu.base import app_manager
from ryu.controller.handler import set_ev_cls
from ryu.controller.handler import CONFIG_DISPATCHER
from ryu.controller import ofp_event
from ryu.ofproto import ofproto_v1_3
 
class SwitchingHub(app_manager.RyuApp):
    OFP_VERSIONS = [ofproto_v1_3.OFP_VERSION]
 
    def __init__(self, *args, **kwargs):
        super(SwitchingHub, self).__init__(*args, **kwargs)
 
    @set_ev_cls(ofp_event.EventOFPPortDescStatsReply, CONFIG_DISPATCHER)
    def multipart_reply_handler(elf, ev):
        datapath = ev.msg.datapath
	for no, name in datapath.ports.items():
		print name
個人用ツール
名前空間
変種
操作
案内
ツールボックス