Ryu flow entryでのVLANの操作

提供:TuntunkunMediaWiki

移動: 案内, 検索

目次

Ryu flow entryでのVLANの操作

今回は、OpenflowコントローラRyuを使用したVLANの操作について解説する。

VLANタグの設定

以下はポートから出力を行う際に、IEEE802.1QのタグVLANを設定している例である。

from ryu.ofproto.ether import ETH_TYPE_8021Q
 
~省略~
field = parser.OFPMatchField.make(ofproto.OXM_OF_VLAN_VID, 10)
 
action_a = [
       datapath.ofproto_parser.OFPActionPushVlan(ETH_TYPE_8021Q),
       datapath.ofproto_parser.OFPActionSetField(field),
       parser.OFPActionOutput(port_b)
]
~省略~

VLANタグの取り外し

以下はポートから出力を行う際に、VLANタグを取り外す設定である。

from ryu.ofproto.ether import ETH_TYPE_8021Q
 
action_b = [
       datapath.ofproto_parser.OFPActionPopVlan(ETH_TYPE_8021Q),
       parser.OFPActionOutput(port_a)
]

イーサネットフレームタイプ

以下は、イーサネットフレームで定義を行うEthernet Typeフィールドの値である。ryu.ofproto.etherで定義されている。

ETH_TYPE_IP        = 0x0800
ETH_TYPE_ARP       = 0x0806
ETH_TYPE_8021Q     = 0x8100
ETH_TYPE_IPV6      = 0x86dd
ETH_TYPE_SLOW      = 0x8809
ETH_TYPE_MPLS      = 0x8847
ETH_TYPE_8021AD    = 0x88a8
ETH_TYPE_LLDP      = 0x88cc
ETH_TYPE_8021AH    = 0x88e7
ETH_TYPE_IEEE802_3 = 0x05dc
個人用ツール
名前空間
変種
操作
案内
ツールボックス