Squid3.1 マルチドメイン環境でのリバースプロキシ

提供:TuntunkunMediaWiki

移動: 案内, 検索

マルチドメイン環境でのリバースプロキシ

Squid3.1を用いて、複数のドメイン環境でのリバースプロキシを実現した。環境としてSientific LinuxとSquid3.1を使用した。

squidの設定(/etc/squid/squid.conf)

〜省略〜
# And finally deny all other access to this proxy
#http_access deny all #コメントアウト
http_access allow all #追加

# Squid normally listens to port 3128
http_port 80 defaultsite=example.com accel vhost

# default proxy setting(以下追加)
# 上位がproxyサーバーでない場合(httpdである場合)originserverを書く
cache_peer example.com parent 80 0 no-query originserver name=example_com
cache_peer_domain example_com .example.com

cache_peer example.net parent 80 0 no-query originserver name=example_net
cache_peer_domain example_net .example.net

#cache_peer_domainについて例を示す
#
#www.hoge.comだけを許可
#cache_peer_domain name=hoge www.hoge.com

#www.hoge.com以外を許可
#cache_peer_domain name=hoge !www.hoge.com

#hoge.comのサブドメインも許可
#cache_peer_domain name=hoge .hoge.com

〜省略〜
個人用ツール
名前空間
変種
操作
案内
ツールボックス